ここから本文

福祉安心電話サービス事業

福祉安心電話はどなたでも加入できます。
「住み慣れた家や地域でずっと生活していきたい。」という思いは多くの方がもっています。そのためには、ご近所との「支えあい」や「助け合い」が何よりも必要とされます。

しかしながら、昨今の状況を見ると、高齢化の進行と、過疎化、核家族化など家族のかたちがかわっていくなかで、地域社会が昔からもっていた福祉的機能が失われつつあり、地域で暮らす方の中に不安や心配が増しています。

「福祉安心電話」は、近隣の地域住民や福祉、保健、医療などでネットワークをつくりあげながら安心して毎日を送れるように「緊急通報系システム」「みまもり系サービス」を実施するものです。
平成24年9月現在、県内では2,932台が設置されています。

 

福祉安心電話がめざすもの

  • 地域社会の中で、在宅の高齢者とその家族が生活していくうえでの緊急時の安全と精神的な不安を解消すること。
  • 高齢者世帯の孤独や孤立を防ぐとともに、食事や電話のサービスをとおして、地域と高齢者のふれあいを図ること。
  • 高齢者や障害者の福祉向上のため、地域の社会資源(病院・保健所・消防署・警察署・社会福祉施設等)を友好的に結びつけること。
  • 「福祉安心電話サービス」の協力体制をとおして、地域住民の社会福祉への参加を促進するとともに、福祉に対する啓蒙を図ること。
  • 行政と民間との協働事業として公私の役割を明確にしながら、積極的に取組み福祉の街づくりをめざすこと。

対象となる方は?

  • ひとり暮らしで不安のある方
  • 他の家族の不在により、世帯の障害者や高齢者がひとりになるため不安な方
  • 高齢者夫婦だけで暮らしているので不安な方
  • その他、世帯の状況により必要と認められた方

※加入する際に最低3名(うち民生委員1名含む)の協力員が必要です

「緊急通報・安心システム」の確立

青森県社会福祉協議会(以下「県社協」。)は、「福祉安心電話中央センター」を設置し、加入者からの緊急通報に24時間対応します。

事業の具体的な内容

福祉安心電話サービス

加入者宅に安心電話端末機を設置し、加入者からの通報に対し、中央センター(県社協内)が1年365日24時間体制で対応します。

  1. 通報種別 「緊急」「相談」「火災」等
  2. 利用料金 月額1,000円
画像:福祉安心電話サービスの詳細

▲画像をクリックすると拡大画像を開きます。

安心電話おげんきメールサービス

福祉安心電話サービスに以下を追加しました。

  1. 安心電話端末機に「げんき」ボタンを設定します。
  2. 加入者が毎日「げんき」ボタンを押し、安否情報の登録を行います。
  3. 登録された安否情報は専用WEBサイト上に登録されるほか、協力員・親族等の指定されたアドレスへメールが配信されます。
  4. 2日間安否情報の登録がない場合は中央センターからの安否確認を実施します。
  5. 利用料金 月額2,500円

おげんきメールサービス2号会員用パンフ

▲画像をクリックすると拡大画像を開きます。

おげんきメールサービス

福祉安心電話サービス事業に新サービスができました。初期費用不要・通話料無料。

  1. 加入者が、自宅にある一般電話等を用いて指定された番号に毎日電話をかけ、安否情報の登録を行います。
  2. 登録された安否情報は専用WEBサイトに公開されるほか、協力員・親族等の指定されたアドレスへメール配信されます。
  3. 2日間安否情報の登録がない場合は中央センターからの安否情報を実施します。
  4. 1年365日24時間体制で相談に対応いたします。
  5. 利用料金 月額1,500円

おげんきメールサービス3号会員用パンフ

▲画像をクリックすると拡大画像を開きます。

おげんきみまもりサービス

おげんきみまもりサービスのげんき登録に追加サービスができました。

  1. 加入者が自宅にある一般電話等を用いて指定された番号に毎日電話をかけ、「1:元気」「2:少し元気」「3:悪い」「4:社協と話したい」等の登録を行います。
  2. 登録された安否情報は専用WEBサイトに公開されるほか、協力員・親族等の指定されたアドレスへメール配信されます。
  3. 見守りセンター(市町村社協)及び中央センターは加入者の登録内容をWEBサイト上から1年365日毎日確認することによって、安否確認を行います。
  4. 1年365日24時間体制で相談に対応いたします。
  5. 利用料金 月額2,000円

※市町村によっては、すぐに受け入れ出来ない場合があります。

おげんきメールサービス4号会員用パンフ

▲画像をクリックすると拡大画像を開きます。

費用はどれくらい?

機器設置費用(機器本体、火災報知器、通報ペンダント)
66,000円
月会費(機器の保守、電池代、各種サービス費用等)
1,000円

ひとり暮らしの高齢者の方や、高齢者夫婦世帯、低所得者等に対して、補助制度がある市町村もありますのでご確認ください。

メール配信登録者数

 メール配信登録可能数は、中央センター及び見守りセンターを除き、原則として加入者1名につき、協力員3名分・親族3名分・民生委員1名分・関係者1名分までを上限とし、最大8名とします。

お申込み

申し込みや詳細についてのお問い合わせは、あなたのお住いの市町村社会福祉協議会、又は、青森県社会福祉協議会までご相談下さい。

このページの上へ