ここから本文

「介護助手定着促進事業」を実施しています!

 少子高齢化のさらなる進行により、近年の介護人材の確保・定着が喫緊の課題となっています。そこで、介護職員が専門的な知識・技術を必要とする業務に専念できるよう、家事的な業務を介護助手に分担し、介護現場の作業効率向上を図る取り組みが全国的にも注目を集めています。

 本県においても「介護助手モデル事業」を3か年実施し、地域の元気な中高年齢者等を開拓し、介護助手として働けるよう職場内OJT研修による人材育成を行い、介護環境の整備等に取り組んできました。

 今年度からは、介護人材の更なる確保を目指し、介護助手の定着を一層促進することを目的に本事業を実施します。

 本会では、現在、介護助手定着促進事業の実施法人を募集しています!!ぜひ、この機会に取り組んでみませんか。詳細は、下記実施要項をご覧いただき、申込書に必要事項を御記入のうえFAXにてお申し込みください。

【実施要項】 令和元年度 介護助手定着促進事業 実施要項

       別紙1 「介護助手定着促進事業スケジュール」

       別紙2「介護助手業務の例」

【申込書】  令和元年度 介護助手定着促進事業 申込書

【申込期限】 令和元年6月20日(木)必着 ※募集は終了しました

このページの上へ