ここから本文

「介護助手定着促進事業」を実施しています

 今後更なる中高年齢者の増加や労働力人口の減少等により担い手不足が予想されるため、介護職員がより専門的な知識・技術を必要とする業務に専念できるよう、家事的な業務を介護助手に分担し、介護現場の作業効率向上を図る取り組みが全国的にも注目を集めています。

 本県においても、これまでの4か年で、のべ33法人50事業所において119人の元気で働き続けたい中高年齢者等に介護助手として活躍いただきました。

 今年度も介護人材の更なる確保のため、介護助手の促進を目指し、本事業を実施することとし、現在、「介護助手定着促進事業」を実施していただける法人を募集しています。ぜひ、この機会に取り組んでみませんか?

詳細は、下記実施要項を御覧いただき、申込書に必要事項を御記入のうえFAX等にてお申し込みください。

 

【実施要項】 令和2年度 介護助手定着促進事業 実施要項

       (別紙1) 介護助手定着促進事業 スケジュール

       (別紙2) 介護助手業務の例

【申 込 書】 令和2年度介護助手定着促進事業 申込書(Excel)

【申込期限】 令和2年6月30日(火)※終了しました

 

★★令和元年度 介護助手定着促進事業に係るアンケート調査結果★★(令和23月)

令和元年度 介護助手定着促進事業 実施法人等一覧

(実施法人数・申込者数及び年代内訳・採用者数・継続雇用者数)

令和元年度 介護助手定着促進事業に係るアンケート調査結果(介護助手)

令和元年度 介護助手定着促進事業に係るアンケート調査結果(実施法人)

このページの上へ